最近の口癖「おおきに」

ほとんど連絡を取り合っておらずこのブログだけみてるよという人と
最近お話する機会があったのでちゃんとご連絡いたします。

最後の投稿は仕事をやめたいわ〜と特に誰も読みたくない愚痴ブログと
成り果てておりましたが、
当方、勢いでといわれてもしょうがないのですが仕事を辞職いたしまして
さらに引っ越し、今京都に住んでおります。
ここではあまり書きませんので気になりましたご連絡をいただければなんとでも。
わたくし、筆無精、メール無精が治りましたのでご返信、文通、メールの掛け合いは
願ってもないことです。

またよい機会ですのでこのブログではなく俗にいうアメブロなどが横目で
ずっと気になっていたのになにがアバターだ、3Dかよ、と思っていた次第ですので
新設しちゃおっかな☆ とすら思っております。
新設の折は改めてアドレスをこちらに書き込みます。

http:// 書き込みます

新しいブログは「エロとアート」に傾倒します(笑)
本当です、いや嘘です。

c0107201_035144.jpg

[PR]

# by retroclamchawder | 2011-09-27 00:35 | 日記  

はい、そのはじっこに写ってるのが僕です。

仕事に悩んでいる。
以前はしょうがないじゃんと正直思うことが多かった。
「時間がない」「したことがない」「むいていないことだ」
それが変わった気がしている。
もちろん3年目が終わろうとしていてある程度の経験をしており言い訳できないというのもある、
でもそういった対外的なことではなく自発的にやらなければと思うことが多い。

なんてことだ、これが巷に言われている3年は同じ仕事をしろのやつか、

一番近い同期が休職し半ば辞めることになっていることも大きい。
以外と引っ張られると思ったけどかっこわるいという思いが先に来たのが自分でもびっくりした。

そんな時期だからかぐっとくるものがある。
「roots アロマブラックの山手線の広告」

「http://www.jt-roots.com/advertising/graphics.html」
「http://www.jt-roots.com/aromablack_special/index.html」
オフィシャルページのアドレスです。


ひじょうにぐっと来る。
松田龍平が好きだからもあるが微妙なラインのコメントを乗せてくる。
写真の普通っぽさもよい。
初めて広告の効果を実感したかも知れない。
僕は最近はもっぱらrootsだ。
BOSSじゃないrootsだ。
飲んでるときはちょっとだけ龍平になってんじゃないかってちょっと思っている。


仕事の話に戻ると最近気づいたことがある。
普段飲めば馬鹿なことばかり話すし、こんなこと話す機会がないからなんかここに書く。

僕の仕事はBtoBつまりお客さんは会社、法人だ。
でもまあお客さんに満足してもらおうとは漠然と思っていた。
確かにそれは間違っていないけど、それだけじゃなかった。
お客はプライベートで僕らに仕事をくれるわけじゃなく仕事で発注をしている。
お客さんも仕事ということです。
だから一緒に仕事をしたいと思ってもらうように仕事をすることのほうが、
直接的なんじゃないだろうかということだ。

例えると熱狂的なファンより支えてくれるマネージャーと結婚するアイドル、
つまりアグネスチャン、
恋と愛の違いのような、
なんだかんだでやっぱりお母さんの餃子が一番のような、
猫もかわいいけどなんだかんだで犬だろうみたいな、
キリンはトリッキーだけど像の方が安心するね、
スポーツカーは欲しいけどキャンピングカーは生活もできちゃうよ、
どれもちがうような合ってるような…。
c0107201_0204298.jpg

[PR]

# by retroclamchawder | 2011-02-19 00:20 | 日記  

最近の口癖は「ほぼほぼ」

「ほぼ」、もしくは「ほぼほぼ」

ぜんぜんほぼじゃないものに使えば使うほどよい。
ビジネスでは適さない。
むしろまったくないときに使ったりしてみよう。

三連休みは仕事して飲んで、仕事して飲んでをしっかり3回した感じだった。
二日目の2組目の飲み会は同期と同期の彼女とだったんだけど、
最初っから酔ってたからすごい自由に飲んでしまった。
それがよかったのかちゃんと仲良くなれた。
僕にもし彼女ができたらバーベキューに行くことが決まった。

仕事でもそうだけど初めて会った人でもすぐ仲良くなれる人は
なんか昔から知っていた感覚になる。
そうすると今日あえてよかったなと心から思える。
コミュニケーション能力とか開いているとか閉じているとかより
以前の問題なような気がするその感覚はどこから来るのだろう。

もちろん後から仲良くなることもあるけども
そういう人からは僕は最初は話しかけにくかったと言われる。
自分の態度が違うのかもしれない。

ゆらゆら帝国の歌詞に「ともだちなんか一人か二人いればたくさんだ」
というようなものがある。
その感じも嫌いじゃない。
そう思いつつ、たくさん人と出会って自然に仲良くなりたい。

だいぶ矛盾してるけどもこれも本音だ。
c0107201_233424100.jpg

[PR]

# by retroclamchawder | 2011-02-15 00:10 | 日記  

小さな像と大きなフラミンゴ

表題はわかるひとがわかればいいでおなじみ。

最近のおすすめ

村上春樹の「ねむり」を読みました。
挿絵を入れて21年ぶりに改稿したとか。
村上春樹はいくつか読んでますが僕には一番読みやすくて飽きませんでした。
読んでいるとほんとつくづく言い回しがしっくりきており、絶対に思いつかないけど
何で思いつかなかったんだろうと思う文節が繰り替えされる春樹ワールド。
語るほど知らないのでこれぐらいにしとくけど、
すっと読めてしまう作品なので読んでも損はないのではと。


ソーシャル・ネット・ワークを観ました。
男女で感想が分かれそうな映画です。
僕はデビット・フィンチャー溺愛なので観なければと思っておりました。
Facebookの創設者の創設のいきさつから成功するまでと共同創設者の友人に
訴えられる出来事をやってます。
女性が見たら友達と結局裁判になって悲しいなという友情を中心に
逆に男は世界を動かすまでのビジネスはこう起こっていくのかという熱を感じると思う。
あくまでも映画の語り口としては中立なのでどっちとも取れるしバランスのいい映画だと思います。
そりゃ賞も取るなと思いました。

この二つは先週末に立て続けに読み、観たものですが、
最近は同期でしかも寮も隣の友人が会社を無断欠勤の末休職したり、
仕事で大きなミスをしたり、めがねを無くしたり、壊したり、友人がシロガネーゼになったりと
バタバタ過ぎる日々をすごしておりましたので
うまい具合に脳休めとなりよかったです。

国外逃亡を本気で考えた一週間を経て、なんだか強くなった気がします。
だからモテたいです。

c0107201_1275382.jpg

[PR]

# by retroclamchawder | 2011-02-09 01:28 | 日記  

ゲイファッションが次くることを誰もピンと来てくれない。

「ゲイファッション」
アメカジ、ミリタリー、アウトドアとファッション流行は来ておりますが、
次の流行を大胆予想したい。
次はゲイっぽいゲイファッションだと思う。
ユニセックスとかじゃなくてネーミングは「ゲイ」にこだわりたい。
時代の流れもそっちにシフトしていると思う。
誰も同調してくれない。
ちなみに僕はのんけだ。

c0107201_2314504.jpg

[PR]

# by retroclamchawder | 2011-01-29 23:15  

ラメのパンタロン

c0107201_05223.jpg
ゆらゆら帝国はなんてすばらしいバンドなんだろう。
何度聞いても飽きない。
ゆらゆら帝国だけでも飽きない。

先週末はほろ酔いで家に帰り、大音量でアルバムを永遠ループしながら寝たけども
至福の時間だった。
睡眠を邪魔することもない。
そういえば大学受験の時もずっと聞いていた気がする。
勉強も邪魔しない。
LIVEDVDが出たらしい、買ったら感想を書きます。


昔、昔といっても高校の時、
映画「ヤマカシ」が僕らの中ではブームになり、独自にトレーニングをしておりました。
柵をかっこよく越えたり、高いところから落ちたり、うまく受身を取ったり。
最近知ったのだけどもどうやら「パルクール」というスポーツとして人気が出ているらしく、
フランスを中心に世界中で流行りだしているらしい。
あれ、またやろうかな、、、
25にして?いやいや。


(写真は明日アップロード)
[PR]

# by retroclamchawder | 2011-01-28 01:06 | 日記  

はい、顔が薄いんで柄のシャツを着ています。

いまさらですが2011年の初夢を、、

どうやら日本に天変地異がおきているらしい。
戦争なのか異常気象なのか。
とりあえす都市部は危ないので避難することにしました。
僕とハルタカと中曽根君と前ちゃんとでです。

荒れた家のない道をひたすら進みました(森ではなくサバンナ程度の草木でした)。
なぜかみんなちゃんとした装備ではなくおしゃれをしていました。

小屋を見つけ、そこで休みことにしました。
そうすると前ちゃんがうんこを漏らしてました。
特にみんなは驚くこともなくそれが普通のことのように振舞っていました。
ああ、パンツがないねということになりましたが(大した装備を持ってきていないから)、
中曽根くんが肩掛けのかばんをあけ、俺そういえば持って来てると言いました。
中を覗くとチェックのボクサーパンツばかり入ったかばんで
なんでチェックばっかなんだよって

つっこみながら目を覚ました。
完全に2011年を象徴する夢だと思われます。


意外とこのくらいの歳の一年間はスリリングだということが2010年をもってしてわかりました。
ひとつ決めたことがあります。
2011年は飛躍の年にすべく、
2010年の快楽主義(倫理でならったやつで言えばエピクロス派だっけ?)でしたが
2011年は禁欲主義(ストア学派)でいこうと思います。
律してなお欲するものが本当にしたいこと。

(ベットの上でブログをかけるようになったのでもっと投稿しようと思ってます。)
c0107201_20422854.jpg

[PR]

# by retroclamchawder | 2011-01-26 20:42 | 日記